通常は2~4名程度かと思われます。

ただし、学校によっては、若干名とあっても、1名だったりあるいは「合格者なし」だったりするところもあります。

それは、受験者が合格ラインに達してないない場合これらに該当します。

大部分の小学校は厳格に合格ラインを決めていますので、きちんと実力を付けておくことが必要です。
受験する小学校でやっていかれるだけの力は学年が上がるほど高いものが求められます。

   願書はとても重要です。

特に志望理由、ご家庭の教育方針などはきちんと書いておく必要があります。

また、学校側は備考欄を含めてしっかりと内容を確認されてますので、心のこもった願書を提出できるよう添削指導致します。

面接練習についても、きめ細かく対応しておりますのでどうぞご安心下さい。

   作文を除く国語・算数の試験だけでみると、
当教室においては、過去問でみた場合、2科目で約8割の正答率が必要であると考えています。
過去問をご覧になればおわかり頂けるかと思いますが、年度によって難易度が変わりますが、特に国語は決して易しくはありません。
セカンドステージ合格を目標にしている方は、3年生の4月からしっかり準備しておくことをすすめます。
   状況によります。
ただし、実際にお会いして、受験者の事情を鑑みて当教室で必要と判断した場合は個別に対応させて頂きます。

また、海外在住や遠隔地の方で、パソコン(Windows)、またはタブレット端末(iOS、Android)、プリンタがあれば、インターネットから学習したいプリントを印刷し学習することが可能です。

学習の流れとしては下記のとおりです。
ce flow

ただし、この場合でも、夏休み等の期間には、集団講習会には受講して頂きます。
詳細についてご確認されたい方は、資料請求・お問い合わせよりメールにてご連絡ください。