編入試験にはペーパーの他に作文、行動観察や保護者面接等があり小学校受験を経験されたことがない方にとっては始めて経験するものとなります。

始めての方は、これら作文、行動観察、保護者面接についてどのように具体的に対策していったらいいのかわからないという不安に駆られ、気持ちばかりが焦ってしまうものです。

海外での経験を活かしていくにあたり、独自の教育理念を持った私立への編入を希望される方から学習面でのご相談が多く寄せられます。

私共では、帰国までの一時的な対応として、自宅学習用のプリント問題をインターネット経由でご提供しております。科目は、

ピアノや絵画などの芸術や野球、サッカーといったスポーツが大好きで、お勉強よりも習い事やお稽古ごとに専念されている方もいらっしゃるかと思います。

編入試験は学年相応の学力を確実に身に付けていれば、低学年のうちはそれほど心配する必要はありませんが、中学年からはある程度の実力を求められます。

中学受験に向けて既に塾に通い始めている方にとっても、志望中学に附属する小学校の編入試験があればこれはチャンスです。

進学塾のトップクラスに合わせたカリキュラムの中で、日々宿題に追われ、本当にこのまま中学受験をさせるべきなのか疑問に思われるご家庭も少なくありません。以下は、ご相談されてきた多くのご家庭が持つ疑問や悩みです。

現在、通われている学校環境にどうしても打ち解けることができず、日々悩みながら過ごされている方

また、自分のお子さまやご家庭にもっとあった環境を求められている方も多くいらっしゃるかと思います。

例えば、